ロシア人アーティスト

2-5 Октября в родном городе на концерте я проводила русских артистов.
Когда там говорила с ними и слушала их музыку, я вспоминала Россию и русский характер.
Я снова очень хочу встречать моих педагогов и друзей московской консерватории…

必死で準備を頑張って、またプレッシャーや責任感などで時々食事が喉を通らないくらい緊張していた初仕事、なんとか終えました!
色々応援してくださった皆様、本当にありがとうございました!!

やっぱりロシア人アーティストはなんかいいなー。
お役に立てたかは別として、彼らと4日間触れ合えたことはとても貴重で、ありがたい経験でした。
忘れかけていたロシアの精神=緊張感、冷たくもあり温かくもあるなんともいえない空気、情熱、優しさ、等々…ロシア人と一緒でないと感じられない色んな刺激があり、それがすごく嬉しかった。

初日はどうなるかと不安で仕方なかったけど、やるしかない!と最善を尽くし、やっと少しコミュニケーションがとれ始めたと思った頃には最終日で、お別れ。寂しかったなー。

ロシア人と近くなると、彼らは本当に温かく相手を受けいれてくれる気がする。今回は時間も私の経験・実力も十分ではなかったから、そこまでの距離にはなれなかったけれど、少しの間だけそうなりかけた。
それは決して計算されたり作られたような温かさではなく裏表もない、日本ではなかなか味わえないもの。普段私の中にいつもぽっかり穴の空いた何かがあり、きっと寂しさ・孤独なんだろうけど、それらを埋めてくれるものが彼らの温かさにはある。
そして、私は彼らのそういう純粋さが本当に好きで自分にとっても一番重要なもの。作った感情や関係ではやっぱり居心地が悪く苦しい、本当には心を開けない。嬉しさ、悲しさ、怒り、全部気持ちをストレートに表現してほしいしそれを知りたい、変な距離というか偽りや表裏のない素直な付き合いがしたい。いつも「ありがとう」って素直に伝えられる関係というか。

だから、ロシア人のそういう部分、大好きです。気持ちを隠さない、いや、隠せない(笑)もんね(^-^)

なんかお仕事していたら、時には抱き締めてくれたり、心からの笑顔で受け入れ認めてくれていた音楽院の先生たち、そして一緒に励まし合い頑張った仲間たちにまた会いたくなりました。元気かなー…

About the author: Reiko Otsuka

モスクワ音楽院を最優秀で2012年に卒業。日本に戻り、ソロリサイタル・室内楽・伴奏等ピアニストとして活動する傍ら、後進の指導にも力を入れている。