演奏動画のご紹介☆チャイコフスキー:「四季」-12の性格的描写 1月 「炉端で」

♪チャイコフスキー(1840-1893・ロシア):「四季」Op.37bis より「1月 炉端にて」♪

ペテルブルクの月刊誌「ヌウェリスト(小説家)」上で連載された作品で、12ヶ月に対応した12の小品から成る。1,2月は1875年、3~12月は1876年に作曲され、1885年にまとめて出版された。

「1月 炉端にて」…イ長調、3部形式。

(アレクサンドル・プーシキンによる詩)
夜が薄明かりのうちに静かな喜びの一隅をつつむ
いろりの火は小さくなり  ろうそくは溶けてしまった

解説: 大塚玲子 ※無断引用転載を禁じます

About the author: Reiko Otsuka

モスクワ音楽院を最優秀で2012年に卒業。日本に戻り、ソロリサイタル・室内楽・伴奏等ピアニストとして活動する傍ら、後進の指導にも力を入れている。